FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

野菜の無農薬栽培を非畜産系肥料使用で高収量! πシステムでの野菜作り π資材のご紹介 π腐葉土①

※非畜産系肥料を使用し、なおかつ高収量を期待できる、πシステムを活用した野菜の無農薬栽培をご紹介!いわゆる無肥料、無農薬栽培における課題を解決します!

当社(㈱日本パイ技術総合研究所)の代表(横堀 幸一)は、当初、「無肥料、無農薬」に挑戦していました。「奇跡のリンゴ」でおなじみの、木村秋則さんの著書などに触発され、木村さんから指導を受けた方々が運営する団体にも所属し、無農薬・無肥料栽培の農園を見学したり、実地で農法を指導してもらったりしましたが、なかなか上手く行きませんでした。やはり無農薬・無肥料で成功するには、木村さんのように10年はかかるだろうと考えざるを得ませんでした。

そこで出会った「π資材(その時は「S-O1」、「バイオアース」ではありませんでしたが)」を使用したところ、土壌が「団粒構造」化され、野菜の栽培が可能になりました。これは大きな驚きだったといいます。ただし、この時点ではいわゆる「肥料」は与えていないため、収穫できる野菜はどうしても小ぶりな状態でした。

そんな時に、木村秋則さんの農法を実践しているプロ農家の方が、腐葉土を使っていることを知り、試してみることにしました。ひふみ農園の雑草や赤城山の落ち葉を「バイオアース」で醗酵させ、腐葉土を作りました。それを与えたところ、今まで生長が芳しくなかった野菜が、ウソのように元気に生長したのです。

peihuyoudo0091.jpg


家庭菜園であれば、『π腐葉土』で十分に野菜の栽培が可能ですので、ぜひお試しください!

使用方法としては、「π腐葉土」をバケツなどの容器に入れて、「S―O1」を撒いた農地にその上から、10~30リットルまんべんなく撒いてくださいくださればOKです!
使い方の詳しい内容は、改めて当ブログにてご紹介していきますので、お楽しみに!


π腐葉土の商品説明についてはこちら

日本パイ総研についてはこちら

スポンサーサイト
[ 2015/08/20 15:37 ] 無農薬栽培 | TB(-) | CM(2)
腐葉土効きますね
こんにちは!
私もπシステムの資材を使って家庭菜園をやってます。5月に「S-O1」と「バイオアース」「π腐葉土」を使って土を作り、ナスとトマトを植えました。昨年まではあまり大きく育ちませんでしたが、今年は見事なナスとトマトができました!無農薬なのに、まったく虫に食われていません。ナスの木は1メートルくらいまで大きくなって驚いています。腐葉土でこれだけ大きくなるものですね。
毎年10月にはナスは終わってしまいますが、今年はどれくらいまで頑張ってくれるか楽しみです。
[ 2015/08/23 08:26 ] [ 編集 ]
π腐葉土の威力
悟飯さん、コメントありがとうございます!

ナスの木が1メートルになるとはすごいです、本当にうまく活用されていますね!

葉が虫に食われないというのは、πシステムを使った農法の特徴ですね。通常の有機栽培では無理だと思います。これを日向先生は「場が上がる」と表現されています。目に見えないレベルでの土壌内のコミュニケーションが活発になり、環境のレベルが上がるという事だと思います。今後もよろしければ、ご報告よろしくお願いいたします!
[ 2015/08/23 19:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。