FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

πシステムを使って、農薬、添加物の被害を大きく抑制する ①

※生体の酸化作用を還元し、「生体システムを元に戻す」作用のある「πシステム」。その驚きの効果をご紹介します!

今年の夏、皆さんの地元では虫は元気に鳴いてましたか?もしかしたら、「そういえばいつもより静かだな・・・」、そんな印象を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それは単一の理由ではないでしょうし、直接的な因果関係をこの場でつまびらかにすることはできませんが、「昆虫が減っている」その大きな要因として、「ネオニコチノイド系殺虫剤」の使用が指摘されています。

数か月前ですが、こんなニュースがありました。

「厚生労働省は5月19日、ネオニコチノイド系農薬のクロチアニジン、アセタミプリドに関する食品残留基準を緩和した。クロチアニジンの場合、ほうれんそうで従来の13倍(40ppm)に引き上げられる」

http://www.alterna.co.jp/15101

これを読んで、「ああいいことだね!」と思う方は少ないでしょう。しかも(例えば)なぜほうれんそうで「13倍」がOKなのか、その根拠は今のところ見当たりません。

ホウレンソウ


ちなみにWikipediaによれば「ネオニコチノイド」は、「クロロニコチニル系殺虫剤の総称。急性毒性は低いとされているが、昆虫に選択的に毒性を発揮し、人など哺乳類には低濃度で単独使用した場合には比較的毒性が低いとされているが、有機リン系農薬と併用した場合には頭痛や湿疹、ADHD(注意欠陥多動性症候群)に似た症状などが発生する場合がある」とあり、皆さんも耳にしたことのある「ミツバチ、トンボの激減」についても触れられています。

これらが真実だとした場合、「人間には害がない」といえるでしょうか?
まあ、言えないですよね(^_^;)

では、これらの使用をストップさせよう!という取り組みも各地であるようです。

でも本当に止まるでしょうか?

その通り、止まりません(*_*) ある「仕組み」がもう動き出しているからです。

その「仕組み」についてこの場で触れることはできませんが、「回避する方法」はご提示できます。

それがπシステムなのです!(^^)/

次回に続きます。
スポンサーサイト
[ 2015/09/15 15:14 ] πシステム | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。