FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

πウォーターに漬けた豆腐が半年以上たっても腐らない!

※「抗酸化」に大きな効力発揮し、「πウォーター」活水器や「農作物栽培」に大きな効果を発揮する「π(パイ)システム」。だけど、その応用範囲はそれにとどまりません!その驚くべ活用方法をご紹介します!

山下博士が体内の水を「πウォーター」と命名し、それを人工的に作り出せる術を我々は学んでいるわけですが、πウォーターの大きな特徴の一つが、「酸化しない(参加の力を大きく弱める)」ことです。

以下は当社株主の方からの実験報告です!

【市販の豆腐をπウォーターに入れたらどうなるか、比較実験しました!】
研究テーマ:豆腐を用い、πウォーター・海水・水道水の中での豆腐の変化を知る。

2015年5月26日  πウォーター、海水:豆腐が沈み、水道水:豆腐が浮いている

5月30日       πウォーター:豆腐はそのまま沈む、水がキレイに。
             海水:白濁し豆腐が浮いた状態。
             水道水:豆腐が浮き、表面にピンク(カビ)が生じ始める。


6月9日        πウォーター:豆腐は沈んで変化なし。
             海水:白濁が進み、豆腐は浮いて変化なし。
             水道水:腐敗状況すすむ。


2016年2月     πウォーター:豆腐は沈んで変化なし、水が大変綺麗です。
             海水:白濁→黄色に。
             水道水:腐敗状況さらにすすむ。

豆腐腐敗実験(最終)


結論:πウォーターを使うと、有機物の腐敗を非常に抑えられる事が分かりました!

πウォーターを活用できる領域は我々の生活の多くに適用できそうですね!(^^)/
スポンサーサイト
[ 2016/04/15 17:46 ] πウォーター | TB(-) | CM(0)

【「野菜」にも「ミネラルウォーター」にも含まれている『発がん性物質』を除去できる活水器!】

※人間や動植物の生体の中の水、「生体水」=πウォーターを家庭で手軽に味わう生活を送りませんか?

現在の慣行農法(化学肥料と農薬を使う農法)や有機栽培(化学薬品は使わず有機肥料を使うが、農薬は使う農法)の場合、その使う肥料の特性から、畑の土壌が「硝酸態窒素」という「酸化窒素」で汚染されたり、葉物野菜の中に大量の硝酸態窒素が残留するといった環境問題が起こります。

(以下Wikipedeaより)人間を含む動物が硝酸態窒素を大量に摂取すると、体内で腸内細菌により亜硝酸態窒素に還元され、これが体内に吸収されて血液中のヘモグロビンを酸化してメトヘモグロビンを生成してメトヘモグロビン血症などの酸素欠乏症を引き起こす可能性がある上、2級アミンと結合して「発ガン性物質のニトロソアミン」を生じる問題が指摘されています。
しかも困るのは、ミネラルウォーターとして市販されている物も含む地下水もほとんどがこの状態にあることです

海水の淡水化の際などに使用される、「逆浸透膜」を利用した浄水器であれば、この硝酸体窒素をろ過できますが、逆浸透膜を利用すると、必要なミネラル類などもすべて除去されてしまい味が落ちますし、場合によってお腹を壊したりすることもあるようです。

その点、当社の家庭で手軽にπウォーターに最も近い水を味わえる活水器「クリーンウォーターP」は、π資材の活用により、人体に有害な成分を「不活性」にすることで、この問題をクリアしています。恐らく「硝酸体窒素」を除去できる、非逆浸透膜方式の浄水器・活水器の唯一の製品です。
検査資料を貼付しますので、皆様の目でご確認ください。

πウォーターについてはこちら

クリーンウォーターPの商品説明についてはこちら


日本パイ総研についてはこちら


CWP浸出試験結果(貼付用画像)
[ 2015/08/20 16:51 ] πウォーター | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。