FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

野菜の無農薬栽培を非畜産系肥料使用で高収量! πシステムでの野菜作り π資材のご紹介 π魚粉①

※非畜産系肥料を使用し、なおかつ高収量を期待できる、πシステムを活用した野菜の無農薬栽培をご紹介!いわゆる無肥料、無農薬栽培における課題を解決します!

先日記事に書きました、『π腐葉土』によりひふみ農法はほぼ確立したのですが、20、30坪以上の広い農地に作付けするため、また土壌の質によっては、なかなか腐葉土のみでは育ちにくい土壌もあるのが事実でした。

そんななか、当社会長の日向 博文(ひな ひろふみ)より、『業務用πウォーター上水システム』を使って製造された魚粉(ぎょふん=魚の粉末)があるので、試したらどうかという連絡がありました。魚粉とは、水揚げされた魚を、刺身や切り身に加工する段階で、廃棄される中骨や頭の部分を、π化された水で醗酵させて作った肥料とのことでした。

当社は畜産業が多くの哺乳類、鳥類の命を奪っている事実や、過酷な動物実験等に反対する立場から、畜産業に反対であり、「畜産系肥料」を継続的に使う事も、それを助長してしまうとの観点から、畜産系肥料は現在も今後も使用しません。

では魚はいい?というのはもちろん、議論の余地があるところではありますが、先ずは試してみることにしました。

キャベツや水菜、小松菜でまずテストをはじめ、現在では多くの作物に適用しており、皆とても元気に生長しています。キャベツなどには青虫が付くこともありますが、π腐葉土』よりも生長が早いように思います。家庭菜園などで、早く生長させたい場合には、魚粉は効果的だと思います。ただ、腐葉土は臭いはほとんどありませんが、魚粉は独特の臭いがあります。鶏ふんよりはずっといいですが(^'^)

使い方としては、『π魚粉』をバケツなどの容器に入れて、『S―O1』を撒いたその上から、『π魚粉』5Kgを土壌にまんべんなく撒いてください。この際、均一に撒くことにあまり拘らなくても結構です。おおまかで問題ありません。

paigyofun.jpg


そのあと、クワや耕運機を使い、撒いたπ資材を土壌に混ぜてください。土壌の表面から10cmくらいの深さですき込んでください。20cmの深さでも問題ありません。これで作業は終了です。このまま1ヶ月おいておくのが最良ですが、1週間くらいでも構いません。 その後種蒔きや苗を植えていただければ、化学肥料にも負けない(しかも安全な)大きさの野菜がきっと収穫できることと思います!(^'^)
くわしい使い方は、また写真、動画を交えてご報告いたします。よろしくお願いいたします!


π腐葉土についてはこちら

日本パイ総研についてはこちら



スポンサーサイト
[ 2015/08/25 21:10 ] 無農薬栽培 | TB(-) | CM(0)

野菜の無農薬栽培を非畜産系肥料使用で高収量! πシステムでの野菜作り π資材のご紹介 π腐葉土①

※非畜産系肥料を使用し、なおかつ高収量を期待できる、πシステムを活用した野菜の無農薬栽培をご紹介!いわゆる無肥料、無農薬栽培における課題を解決します!

当社(㈱日本パイ技術総合研究所)の代表(横堀 幸一)は、当初、「無肥料、無農薬」に挑戦していました。「奇跡のリンゴ」でおなじみの、木村秋則さんの著書などに触発され、木村さんから指導を受けた方々が運営する団体にも所属し、無農薬・無肥料栽培の農園を見学したり、実地で農法を指導してもらったりしましたが、なかなか上手く行きませんでした。やはり無農薬・無肥料で成功するには、木村さんのように10年はかかるだろうと考えざるを得ませんでした。

そこで出会った「π資材(その時は「S-O1」、「バイオアース」ではありませんでしたが)」を使用したところ、土壌が「団粒構造」化され、野菜の栽培が可能になりました。これは大きな驚きだったといいます。ただし、この時点ではいわゆる「肥料」は与えていないため、収穫できる野菜はどうしても小ぶりな状態でした。

そんな時に、木村秋則さんの農法を実践しているプロ農家の方が、腐葉土を使っていることを知り、試してみることにしました。ひふみ農園の雑草や赤城山の落ち葉を「バイオアース」で醗酵させ、腐葉土を作りました。それを与えたところ、今まで生長が芳しくなかった野菜が、ウソのように元気に生長したのです。

peihuyoudo0091.jpg


家庭菜園であれば、『π腐葉土』で十分に野菜の栽培が可能ですので、ぜひお試しください!

使用方法としては、「π腐葉土」をバケツなどの容器に入れて、「S―O1」を撒いた農地にその上から、10~30リットルまんべんなく撒いてくださいくださればOKです!
使い方の詳しい内容は、改めて当ブログにてご紹介していきますので、お楽しみに!


π腐葉土の商品説明についてはこちら

日本パイ総研についてはこちら

[ 2015/08/20 15:37 ] 無農薬栽培 | TB(-) | CM(2)

野菜の無農薬栽培を非畜産系肥料使用で高収量! πシステムでの野菜作り π資材のご紹介 バイオアース①

※非畜産系肥料を使用し、なおかつ高収量を期待できる、πシステムを活用した野菜の無農薬栽培をご紹介!いわゆる無肥料、無農薬栽培における課題を解決します!

さて今回は、π農法における「三種の神器」である、「バイオアース」についてご紹介いたします。

baioearth0041.jpg

作物の栽培において「団粒構造(粘土や砂などの粒子、有機物由来の腐植などが集まって固まったものを団粒と呼び、この団粒によって構成される土壌は適度な空隙が存在し、排水性及び保水性に優れ、やわらかい土となる)」が重要であることは、前回のブログで書きましたが、「π農法」では、前回ご紹介の「S-O1」に加え、液体資材である、「バイオアース」を使用いたします。

この「バイオアース」は、πシステムの根幹である、「微量な二価三価鉄塩」を含んだ液体資材で、適切な薄さに希釈し、「S-O1」を蒔いた土に撒くことで、「S-O1」成分の土への伝達を媒介し、高める効果があります。

使い方としては、種蒔きや苗を植えた後に、「バイオアース」をボトルからバケツなどの容器にいれ、それを水道水で約3,000倍に希釈し、1日寝かせた液体をつくり、それをジョーロなどで撒きます。その後、1週間に1度くらいの割合で、この3,000倍希釈液を野菜に与えます。

また、通常、雨が少ない場合は、水道水を適宜種蒔き後の土や苗に撒きますが、その際この3,000倍希釈液を使うとさらに効果的です。
実際の使い方の詳しい内容は、改めて当ブログにてご紹介していきます。

お楽しみに!


バイオアースの商品説明についてはこちら

日本パイ総研についてはこちら
[ 2015/08/19 17:06 ] 無農薬栽培 | TB(-) | CM(0)

野菜の無農薬栽培を非畜産系肥料使用で高収量! πシステムでの野菜作り π資材のご紹介 SO-1①

※非畜産系肥料を使用し、なおかつ高収量を期待できる、πシステムを活用した野菜の無農薬栽培をご紹介!いわゆる無肥料、無農薬栽培における課題を解決します!

まず今回は、π農法における「三種の神器」である、「SO-1」についてご紹介いたします。

so-10071.jpg


作物の栽培においては、土が「団粒構造(粘土や砂などの粒子、有機物由来の腐植などが集まって固まったものを団粒と呼び、この団粒によって構成される土壌は適度な空隙が存在し、排水性及び保水性に優れ、やわらかい土となる。これに対して粒子がバラバラの状態(単粒構造)では土が容易に目詰まりを起こし、水はけが悪く硬くなることから作物の栽培に不都合を生じる。Wikipediaより)になっている必要があります。

この「団粒構造」の土を作るのに使用するのが、「SO-1」と、のちにご紹介する「バイオアース」です。
この「S-O1」は10坪程度の畑地の場合、5~10kg程度を畑の土に漉き込んでいくのですが、そうすることで、π化された「S-O1」からの成分が畑の土に伝わり、その結果「団粒構造」に変わっていきます。最適な構造になるまでひと月程度掛かりますが、1週間程度でもその後の種蒔きなどは可能です。
具体的な手順などはこの後の記事で公開していきますので、お楽しみに!

S-O1のご紹介

日本パイ総研について
[ 2015/08/19 10:47 ] 無農薬栽培 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。